富良野・下御料の林から

宿&カフェの日常

*

当たり前の日常☆

   

地震後のバタバタのあと、落ち着いてから初めてのお客さまが、昨夜1泊されました。昨年もお泊りいただいたOさま。「本州では、まるで北海道全部が余震で揺れ続けているふうにとらえていました。」「北海道は地震で不安はあるけど、とにかく私は行きたかった。」「行ってみないと、何がどうアブナイのかが分からないんだから、とにかく行ってみようと思って来ました。」「富良野に来てみたら、去年の富良野と何も変わっていない。ここはもう心配ない場所なんだということが分かりました。」「9月の北海道が好きなんです。空港に降り立った時に9月の匂いを感じ、富良野に来たらそれをもっと強くはっきりと感じるんです。」と話してくださったOさま、今夜は千歳に、そして明日は震源にほど近い所に住まわれている、おじいさまとおばあさまを尋ねられるとのこと。何でもおじいさまは100歳越えでおばあさまもじきに100歳というのに、いまだお二人で暮らしていらっしゃるとのこと。お孫さんのOさまが会いに行かれたら、お二人はどんなに嬉しく心強く思われるかと思います。宿でゆっくりお風呂に入り、熟睡され、朝食も時間をかけて召し上がり、チェックアウまでゆったりと過ごされ、富良野を出発されました。私と父さんは、出発されるOさまに大きく手を振ってお見送りしました(^^)/

さて、今日はカフェを開けていましたが、お客さまは無く・・・3時過ぎから、上富良野へかみふらのポークを仕入れに行ってきました。真っ青な空に浮かぶちぎれ雲。まもなく収穫の時を迎える黄金色の田んぼ。お花の花がらを摘み取るファーム富田のおばさんたち(ご苦労様です!)。観光客の姿もまばらなファーム富田、外国人はほとんど見られず。ラベンダー畑は丸坊主、それを撮る父さんはサンダル履き(^^;)ハマナスの実が真っ赤に熟していました。「フラノカフェ」さんのラテアートには、癒されます(*´▽`*) 今日は、スヌーピーでした~。いつもと変わらぬ当たり前の日常に、ほんと「感謝」です。

 

 

 - あれこれ

Comment

  1. おく より:

    「当たり前の日常」を当たり前にしていただいたのも、お二方あってのことだったのだと、今さらながら思いました。
    本当は、日々刻々と、環境も状況も変わっているはずなのでしょうが、そのような中でも、安定の場をしつらえてくださり、とても安心して過ごすことができました。本当にありがとうございました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

  関連記事

秋の訪れ☆

久しぶりの晴れ間の出た午後、美容院へ~!繁忙期の間、まったく行かれなくて、待ちに …

思いがけない展示会☆

母が病床でお友達になった方のお嬢さんと、いま、わたしはお友達になっています。その …

Lさん見送り☆

2連泊された中国女子のLさんを送って、富良野駅まで行ってきました。札幌行きの高速 …

黄金色の樹々とお芝居☆

午前中、家事いろいろ済ませ、シフォンケーキとカボチャケーキと焼いてから、「風時計 …

ハイテンションな朝食☆

今朝まで2泊された、カナダとアメリカ在住の香港人のみなさま、それはそれはうちでの …

無くし物と再会☆

雲海見に行って、途中でスマホのストラップが無くなっているのに気が付いた。のぼりの …

雪の妖精現る☆

可愛い雪の妖精が現れましたよ~(*^。^*)両手を広げて、空を見上げて笑ってる! …

風船カズラ☆

フェアリー村のフェアリーさんからいただいた風船カズラが、実を付けましたよ~(^^ …

見逃したくないもの☆

今朝も、ホウノキの大きな葉っぱを下から見ると、とっても素敵な雰囲気です。庭のチャ …

どこから?向日葵☆

庭のプランターから、植えた覚えのない向日葵。 ひょろ長く伸びすぎ?た結果、倒れて …